【みづき桃花】六本木mode et Baroqueの女王様がドM男たちを徹底調教

チキンラーメンCM 「0秒チキンラーメン 篇」 30秒 / 新垣結衣
【みづき桃花】六本木mode et Baroqueの女王様がドM男たちを徹底調教

みづき桃花女王様に様々なシチュエーションでドM男たちが凌辱される動画。両手両足をテープで拘束され、鼻をテープで押さえつけられたデブ男。女王様からの質問に嘘をついた罰として、熱湯責めを受ける。男はバスタブに強制的に横たわる体制にされ、そのまま熱湯をバスタブに注がれる。お湯の熱さに男はもがき苦しむが女王様は「聞こえなぁい」と無邪気に男の頭を押さえつけ、熱湯の中へ男を沈める。次にシーンが変わり、黒いシースルー衣装を身に纏った女王様にドM男は緊縛をされていく。緊縛されながらもチンコを勃起させる奴隷に女王様は、お仕置きと言わんばかりに乳首を抓み上げ、その責めに奴隷は身体を捩らせる。女王様の責めは更に続き、Tバックが綺麗に履ける様にとライターを手にし、奴隷の股間部分に火を近づけ、ペニス周りの毛を燃やしていく。余りの熱さにのたうち回る奴隷に女王様は笑い続ける。全身の毛を無くすため、ライターで散々奴隷の身体をいたぶった女王様は剃刀を手にし、奴隷の毛を綺麗に剃っていく。つるつるになった奴隷の股間に満足した女王様は、奴隷の緊縛を解き、奴隷を目の前に座らせ、ヒールで跡が付くほど強い力で体中を踏みつける。奴隷は、痛みを感じているのにも関わらず、喘ぎ声を止めることができない。更にシーンは変わり、アニメのコスプレの様な恰好をした女王様の目の前には、2人の奴隷が両手の自由を奪われた状態で拘束されている。「これから拷問を始める」と笑顔で言い放つ女王様に身体を震わせる男たちだが、女王様にそんな状態でもペニスを勃起させていることを指摘され、顔を背ける。両手に鞭を持ち、器用に奴隷の背中を打つ女王様は、生き生きした表情を浮かべている。散々鞭で叩かれた奴隷たちは、腰に縄を付けられた状態で、目の前にコップに入った水を置かれる。あと少しで手が届く場所に水を置かれるが、手が届かない状態に水を渇望した奴隷たちは泣き始める。そんな情けない姿を見かねた女王様は、奴隷の前に置かれたコップを手に持ち、奴隷たちの手に一度口に含んだ水を吐き出し、奴隷たちがその水にがっつく姿を嘲笑う。最後にシーンが変わり、女王様が奴隷執事で遊ぶストーリーが始まる。奴隷に向かって、ダーツを投げる女王様。いきなりのことで驚き逃げ纏う奴隷執事の両腕を拘束し、奴隷の身体にダーツの的を書き、何度もダーツを投げつける。「私がダーツを外しそうになったら、自ら的に当たる様に身体を動かすのが基本でしょ?」と奴隷に冷たく言い放ち、奴隷の身体に力強く何度もダーツを投げ続ける。ダーツに飽きたお嬢様は景品を紙に書きましょうと奴隷に提案し、奴隷のペニスに墨汁を塗り、文字を書かせる。デブ奴隷執事は、必死に重たい身体を支えながらお嬢様のために文字を書き続ける。最後にお前が書いた証ということでチン拓を取らされ、綺麗にチン拓が取れ、満足そうな顔をしている奴隷に、女王様は「必至に文字を書いた気持ちを忘れない様にこれからも頑張って仕えなさい」と指示し、笑顔で去っていく。

mode et Baroque モード・エ・バロック

[ P R ]

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします♪

さおりん

投稿者プロフィール

26歳の見習いM女です(*^_^*)
主従関係を勉強中なので、変なレビューがあるかもしれませんが、宜しくお願いいたしますm(__)m

この著者の最新の記事

関連記事

お勧めSM動画

  1. 【川上ゆう】椅子に縛りつけられた全裸の美女が電マ責めに喘ぐ

    【川上ゆう】椅子に縛りつけられた全裸の美女が電マ責めに喘ぐ

    大股開きで椅子に縛りつけられた川上ゆうが、乳首をつねられたり指ではじかれたりして、甘…
  2. 【無修正淫乱化調教】緊縛され快楽調教を受ける黒髪の人妻

    【無修正淫乱化調教】緊縛され快楽調教を受ける黒髪の人妻

    首輪を付けら下着の上からマンコに固定されたローターで感じながら、恍惚の表情を浮かべて…
  3. 【強制くすぐり地獄】サンタコス販売員のメガネ少女を拘束して徹底ワキ責め

    【強制くすぐり地獄】サンタコス販売員のメガネ少女を拘束して徹底ワキ責め

    ミニスカサンタのコスプレ衣装を着て、クリスマスに飴を販売するメガネに少女。素朴な雰囲…
絶頂


Fatal error: Allowed memory size of 83886080 bytes exhausted (tried to allocate 2544682 bytes) in /home/hkt4949/public_html/wp-includes/wp-db.php on line 1978