【長澤リカ 無修正】奇作?怪作?大傑作!? 異常すぎる女囚収容施設!!

チキンラーメンCM 「0秒チキンラーメン 篇」 30秒 / 新垣結衣
奇作?怪作?大傑作!? あまりにも異常すぎる女収容施設!!

奇作?怪作?大傑作!? あまりにも異常すぎる女収容施設!!

主演の長澤リカをはじめ、若葉薫子、永井優らが出演する本作は、拘束された女の上でイモムシがうごめく、衝撃的なオープニングからスタート。序盤からショッキングなシーンの連続に、本当にAVなのか、思わず疑ってしまうほどだ。開瞼器とヘッドホンをつけられてレイプ映像を見せられ、発情して女刑務官の身につけているペニスバンドを獣のように貪る女。コンクリートを打ちっぱなしの部屋に運び込まれた棺桶から現れる、死刑になったはずの女囚2803号。オペラのようなパフォーマンスを見せる、サディスティックな女所長。10人近い女囚が収容された牢のなかで、いきなり2243号を床に転がしてクンニを強要する3322号などなど、異様な女たちが異界とも言える女収容所で、異常な人間模様を展開させる。女囚たちが刑務官に暴行されたり、一列に並べられて女刑務官から犯されたりといった、シュールなシーンが多いのも特徴。刑務官に3322号を懲罰するように命令された2243号は、3322号のアナルを指でほじくり、ペニスバンドをねじ込む。一方2803号は、取り調べのため逆さ吊りにされて拷問を受け、3322号と同じくペニスバンドでアナルを貫かれていた。ここでまたも、大量の虫がうごめく懲罰房で3322号が絶叫するという、ショッキングな映像が流れる。その後は、2803号と女所長の濃厚なレズシーンへ。レズキスや手マンや貝合わせ、女同士のシックスナインまで、さまざまなプレイでお互いの身体を貪り合う。

後半は、2803号が脱走計画を立案。収容施設から抜け出そうという2803号の提案に、3322号と2243号が乗ってきた。その後は、トイレで2803号と2243号のレズプレイ。お互いのマンコやアナルを舐め合って快楽に浸る。しかし彼女たちのたくらみは露見し、2243号は顔面騎乗の拷問(?)を受ける羽目に。次の日の朝、3322号がトイレでオナニーして失禁。2803号は放尿したばかりの3322号の尿道口を口で清めたあと、彼女の顔にまたがり、今度は自分のマンコを舐めさせる。最後は、3322号と2803号と2243号の3人で協力して脱走計画を実行に移すが……。

1970年代前半に公開されたアメリカ映画「A Clockwork Orange(時計じかけのオレンジ
)」にちなんで「A Fuckwork Orange(セックス仕掛けのオレンジ)」と名づけられた本作。シュールな場面の連続だが、開瞼器をつけられてレイプ映像を見せられ続けるシーンなど、「時計じかけのオレンジ」をオマージュしている部分も多い。本作に興味を持った人は、「時計じかけのオレンジ」を見てみるのもおもしろいかもしれない。

[ P R ]

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします♪

川上ゆう輔エロライター

投稿者プロフィール

40才男性。ゲームライターを経てフリーライターに。ゲームライター時代は、某国民的RPGや某一本道RPG、ゾンビがぞろぞろ出てくるアクションゲームなどの攻略本を作っていた。ペンネームは、好きなM女優さんから。

この著者の最新の記事

関連記事

お勧めSM動画

  1. 【無修正パイパン女子高生】華奢な童顔美少女を緊縛して膣訓練

    【無修正パイパン女子高生】華奢な童顔美少女を緊縛して膣訓練

    スカートを下げ、セーラー服の薄い夏服の上から後手に麻縄で緊縛して、嗚咽を漏らす華奢な…
  2. 制服を着た美少女が2人の男からチンポを入れられて喘ぐ

    【無修正中出し】制服を着た美少女が2人の男からチンポを入れられて喘ぐ

    目隠しにボールギャグをされた制服の美少女が、2人の男に弄ばれる。大股開きの体勢で…
  3. 【公衆便器】ピストンバイブ快楽調教からクスコで大量にザーメンを注がれる女

    【公衆便器】ピストンバイブ快楽調教からクスコで大量にザーメンを注がれる女

    ボールギャグで口を利けない状態で、椅子にM字開脚縛りで拘束されたマイクロビキニの女が…
ディープス

RSS Feed Widget

カテゴリー

RSS Feed Widget

Since June 21, 2015

872本のSM動画を公開中。
ページ上部へ戻る

imobile_pid = "14766";
imobile_asid = "777163";
imobile_width = 300;
imobile_height = 600;

http://spdeliver.i-mobile.co.jp/script/ads.js?20101001
<!---->